アトピー皮膚炎:アトピーの治療に必要最低限のステロイドは欠かせません。しかし、使わずに済めばそれに越したことはありません。ステロイドには、いろんな強さのものがあり、当院では、効果のでる強さで最も弱いものを使用するように心がけております。状態が良くなれば、さらに弱いものに下げることで、副作用をできるだけ減らすことができます。

ニキビ:顔や胸、背中にできます。中学生頃から20代に多く、外用薬を中心に治療します。普段の体調管理も大切ですが、炎症がひどくなると、痕になるため悪化しない様にコントロールしていくことが大切です。

水イボ:水イボの治療は、ピンセットで摘み取ることが一般的です。そのまま行うことも可能ですが、取る前に麻酔のテープを貼ると、痛みを軽減できます。麻酔テープの使用をご希望の方は、診断を受けた後、お渡しする麻酔テープを1時間前に貼って受診してください。処置時間が長くなるとお子さんの集中力も切れるため、1度での摘出は20箇所程度にてお願いいたします。

蕁麻疹:蚊に刺されたようなぼこぼことしたふくらみが、短時間で出たり消えたりします。食べ物以外では、原因を特定できないことが多いのですが、薬疹の一種として出る場合もありますので、その場合は休薬する必要があります。飲み薬がよく効くので、出なくなるのを待ちます。

帯状疱疹:子供の頃にかかったみずぼうそうの再発です。体の中(神経細胞)に残っていたウィルスが、季節の変わり目や体調が悪い時などの免役力が下がったときに出てきます。痛みが伴うことが多く、早期に薬を飲むことで治療効果が上がり、痛みの長期化などを予防します。

単純ヘルペス:特に多いのが唇の部分に出る、口唇ヘルペスです。それ以外の部分にもできます。内服や塗り薬による抗ウィルス薬が有効ですが、口唇ヘルペスは再発しやすいのが特徴です。

首・ワキのぶつぶつ:医学的には、軟線維腫・アクロコルドンといわれるものです。小さければ、その場で治療が可能です。数が多い場合は、何度かに分けて治療します。

いぼ:主にウィルス性のイボ(尋常性疣贅・青年扁平疣贅)と加齢によるイボがあります。液体窒素による治療が一般的ですが、電気(またはレーザー)で焼く方法もあります。種類によっては、内服薬をお勧めすることもあります。

タコ・ウオノメ:靴などがあたる部分にできますが、ウオノメは痛みがあるのが一般的です。サイズの合わない靴や硬い靴を避けて、できてしまった場合は、厚くなった角質を削ります。

皮膚の水虫・爪の水虫:皮膚(主に足)に、赤み・かゆみ・皮剥けが生じます。爪に入ると白色あるいは黄色に変色し、爪が剥がれたり、厚くなったり、崩れてくることもあります。白癬菌を確認したのち、皮膚は塗り薬、爪は内服治療が主に治療します。最近は爪水虫用の外用薬もあります。

皮膚のしこり:いろいろな病気が考えられますが、なんらかの腫瘍であることが多いです。特に日常多いのは、粉瘤と呼ばれる皮膚のアカのたまるしこりです。そのほかに多いものは脂肪の腫瘍(脂肪腫)、関節辺りのガングリオン、首周りのリンパ節などがあります。腫瘍の治療は、基本的に摘出手術を行います。

お気軽にお問い合わせください。0422-50-0076ご予約・問い合わせ 9:00~18:00 土曜16:00まで (木・日・祝は対応しておりません)